アルバイトの勤怠管理

アルバイトの勤怠管理

アルバイトの勤怠管理 アルバイトの勤怠管理は時給計算に特化したものがいいですね。1分単位から5分間隔など時間管理ですからとても大切です時間帯を細かく分けて時間帯に時給が変わるケースにも対応が必要です。飲食店などの深夜0時を過ぎる業種にも対応が不可欠です。タイムカードの打刻をよく忘れていたりします。
アルバイトは希望のシフトが有りますから正しく時間が管理されていないと残業時間や勤怠時間が解りません。またそれは企業の責任にもなります。複数の店舗などを所有していて、勤怠管理が難しい場合はクラウドなどを使用して管理するととてもスムーズで正確な勤怠管理が可能になります。
またスマートフォンアプリでの管理も簡単に出来ます。初期費用も必要が要りませんし工事の手間もありません。データーの電子化をする為、不正打刻防止になります。個人情報ですので管理者による安全で安心な管理運用が可能です。手書きの手間も省け書類作成や計算にかかる時間、資源のコスト削減が出来ます。

勤怠管理で不正残業を防止

勤怠管理で不正残業を防止 企業で勤怠管理を行うメリットの一つに、不正残業の防止に役立つことが挙げられます。
不正残業とはカラ残業ともいわれ、就業規則の範囲内で残業をしていたと偽って、就業の開始と終了の時間などにおいて虚偽の申告することによって、本来受け取るべき額より多く残業手当を受け取ろうとする行為を指します。企業が本来得られるであろう利益の一部を失うことを意味しているため、詐欺罪として刑事罰の対象となるほか、企業でも懲戒解雇などの重い処分が課され、損害賠償責任も負うことになる可能性があります。
勤怠管理の不正残業を防ぐ効果は、企業で勤怠管理システムを厳格に運用することではじめて得られます。もし、従業員の中にカラ残業の疑いがある者がでたとき、まず申告した就業時間を調べ、その後残業時間内に勤務していた他の従業員や、疑いが持たれている従業員を管理する上司から聞き取りを行ったり、監視カメラなどで状況を調査することで、カラ残業が行われたかどうかを判断することができます。
また、ICカードを導入したり、管理職が勝手に従業員の打刻時間を変えたりできない仕組みの整備などを行うと、残業における不正の防止をシステム面で強化することができます。