フリーの勤怠管理

フリーの勤怠管理

フリーの勤怠管理 「勤怠管理」とは、そもそも何でしょうか。本来的な意味としては、企業が、従業員の出退勤の時間や欠勤状況等を管理し、法や社内規則に準じているかを管理するというものです。なのでサラリーマンであれば、勤怠管理とはあくまで会社がやるものであり、普段意識して考えることはないでしょう。しかし、フリーランスという働き方が当たり前になってきた今、彼らにとって、その意味は幾分か変化してきている気がします。彼らは、働くも休むも自分のさじ加減一つです。だからこそ、自分の勤怠状況をきちんと管理することで、結果的に仕事の進捗や生産性、能率を視覚的に確認し、より高めていくことにつながります。


今はスマホというとてつもなく便利なツールがありますし、勤怠管理に十分以上に活用可能なフリーのアプリが山ほどあります。もちろん有料のものもたくさんありますし、それらは無料のものにはない高い機能を備えていたりもしますが、実際使うにあたっては、正直なところ、無料のもので十分です。ましてやWeb上にも、無料で使えるサービスがたくさんあります。 一昔前であれば、手帳やノート等を使い、手書きで管理するしかないような時代もありました。けれど今は、スマホとインターネットのおかげで、いつでもどこでも、誰でも簡単に、かなり詳細に勤怠管理を行えるようになりました。本当に、素晴らしい時代になったものです。

勤怠管理で時間計算ができる便利さ

勤怠管理で時間計算ができる便利さ 勤怠管理でお困りの担当者の方、そのお悩み、勤怠管理ソフトの導入で解決できます。
勤怠管理ソフトでは、出勤時間と、退勤時間を入力するだけで、自動的に勤務時間計算してくれます。
この出勤時間や退勤時間は、手入力する方法だけでなく、タイムカード等と連動させて自動的に、入力する方法もあるので、会社のシステムに合わせて最適な方法を選択することができます。
勤怠管理は、給料に直結することなので、1分1秒のミスも許されないので、時間計算の信頼性は、強く求められています。
多くの会社では、本人申告と管理者のチェックという、2重チェック体制をしているところもあるのですが、この管理者のチェックの工数が実は、かなりの工数になっており、多くの管理者がその業務負担に悩んでいます。
管理ソフトでは、自動で勤務時間を計算してくれるので、ミスもなく迅速に勤怠処理ができるので、業務の大幅な効率化が行え、経費節減にもつながることもあり、最近は、導入する企業が増えています。