管理職でも勤怠管理が必要

管理職でも勤怠管理が必要

管理職でも勤怠管理が必要 管理職でも勤怠管理が必要になる理由に給料計算が挙げられます。
残業代を支給しなくて良いと誤解されがちですが、それは権利や待遇が十分に与えられている管理監督者だけであり、課長などの肩書きだけでは適用されないので、残業時間の管理が必要です。
また、管理監督者でも深夜割増賃金までカットできないので、勤怠管理していないと未払いになります。
業務の実態を把握するためにも勤怠管理が必要です。
他の従業員の記録だけ見ると適切に見えても、管理職が長時間の残業でフォローしていた場合、その作業量も考慮しないと同様の業務を行う際の見積もりなどが正確に行えません。
勤怠管理によって働き過ぎを防ぐこともできます。
管理監督者は残業代は支給されませんが、これは何時間でも残業させて良いという意味ではないです。
働き過ぎれば体調を崩し、過労死に繋がる危険性もあるため、作業時間が長すぎる場合には分担するなどして負担を軽減することも必要です。

勤怠管理システムの導入はサービス内容で選ぶ

勤怠管理システムの導入はサービス内容で選ぶ 従業員の出勤および退勤を記録するのに便利な勤怠管理システムですが、ただ導入しただけでは後悔してしまうこともあります。
企業によって必要とする機能が異なってくるので、導入時は必要な機能が備わったサービスを選ぶことが大切です。
勤怠管理で最も重要なのは打刻機能ですが、その機能を基に勤務時間や出勤日数を集計する機能が備わっているシステムもあります。
同時にシフト作成や休暇管理、集計した勤怠情報を基に給与計算をしたり、管理したデータをファイル形式でダウンロードできるものなど実に様々です。
また、クラウド型の勤怠管理システムを利用する場合は、保守体制がきちんと組まれているものを選ばないと、データを改ざんされるなどのトラブルを招くことも考えられます。
勤怠管理は個人情報にもあたるため、情報漏洩は極力防がなければいけません。
そのためにも、万が一のことが起こる前に、運営会社の体制がしっかりしたところを選ぶことが重要になってきます。