勤怠管理システムの導入と効果

勤怠管理システムの導入と効果

勤怠管理システムの導入と効果 勤怠管理は、企業や官公庁など多くの職員を雇用する会社の課題の一つです。管理職の立場からは、労働者が長時間の超過勤務を行っていたり、理由もなく休暇を取りすぎたりする職員の状況を十分に掌握しておく必要があります。この管理を怠るとさまざまな指摘を受けることも出てきます。

こういった職員の勤務に関する管理を一手に整理してくれるのが、勤怠管理システムです。このシステムを導入することで、職員の出社時刻や退社時刻のほか、超過勤務時間数や休暇取得日数などさまざまな労務管理的なデータを一気に確認することができます。また、職員の勤務状況もよく掴めます。

勤怠管理により、これらのデータのほか総人件費の算出や労働生産性の算出などさまざまな活用が可能となります。会社によっては、スリムな経営を目指すことができる仕組みであり、経営手法の選択肢のひとつとして多いに実用性のあるものとなっています。まだ、活用していない会社の方はぜひ前向きにご検討ください。

勤怠管理システムを導入するメリットとは?

勤怠管理システムを導入するメリットとは? 従来の紙のタイムカードでは様々な工数が掛かるなどからも勤怠管理システムの導入を検討する会社も増えています。勤怠管理をシステム化するメリットは、従業員一人一人の勤怠を集計したり、チェックしたりする工数を削減することが出来ることが挙げられます。タイムカードに記録してある時刻をチェックして、1日の所定労働時間を満たしているのかを確認する作業、有給休暇や遅刻早退などの管理業務、そして残業時間の集計作業などが管理項目の中にはあるわけです。

こうした集計作業や確認作業を行うのは、本来自分の仕事を持っている従業員が、自分の仕事の合間に行うことが多く、管理業務に時間を費やしてしまえば、自分の仕事が出来なくなることも少なくありません。特に、従業員が多い会社や2交代制の会社などの場合は、勤怠管理にかかる工数は膨大なものとなりますし、2交代制の場合には管理自体が複雑になるなどからも正確な管理がしにくくなるわけです。