勤怠管理システムによるビジネスの効率化

勤怠管理で打刻漏れが発覚した場合

勤怠管理で打刻漏れが発覚した場合 勤怠管理の面で、いわゆる打刻漏れは、普段から気をつけていてもどうしても発生してしまいがちです。
人が手作業にてタイムカードを打刻するため、忘れてしまった場合など不注意にて起こりやすい事象ではあります。
勤怠管理の打刻漏れが発生してしまった場合、できるだけ会社としては早く対処しなければなりません。
その為には、まず担当者が可能な限り日々のチェックを怠らないこと、打刻漏れやミスなどが長期間にわたり放置されることがないように努めなければなりません。
それらの漏れがあった場合は速やかに、本人に伝えて状況の確認を行い訂正を行う必要があります。訂正した日時の記入及び本人の捺印も得ておくと良いでしょう。
これだけでほとんどのケースが対応できますが、迅速な対応ができない場合は当該の日の勤務時間が掌握できずに正確な勤務時間が把握できなくなります。
その場合は責任所在としては会社側にあるとされるので、状況把握だけは早目にしておくことをお勧めします。

勤怠管理における残業申告の大切さ

勤怠管理における残業申告の大切さ 勤怠管理では、残業申告というのはとても大切です。これが正確に出来ることで働く人は公正さや働くことの喜びも感じる様になります。
それが正確に出来ていないと、邪険に扱われているとかまともに見てもらえていないという不満が溜まることになるので、働く態度も変わってくることにもなります。
別に勤怠管理を正確にするということは従業員を監視するということではありません。
残業などがあったときには、しっかりと残業を申告することが出来るようにすることで、より従業員の働く意欲を向上させることにもなるものです。
残業というのは基本的には予定にない仕事ということになりますから、そうした余分な仕事をしている人の申告はしっかりと正確に管理することが大切です。
余分な仕事までしているのに、それがまともに管理されていないとなれば、せっかくの仕事が粗末にされているという感じを売れる人も多くなるでしょう。
しっかりしないと、働く意欲も減退することにもなるものです。